上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
青虫駆除成功!
イエス♪ウィーキャン♪♪

・・・

と、勝利に酔いしれていいはずが、何故かまだ穴が絶えない。
それはなぜか。




おんぶバッタお前もかッ!!

しかも青虫と違ってやっかいなのは、
こいつは、食う、飛ぶ、偽装工作(擬態)と三拍子そろった
札付きの悪(古語)である。


隣に立派な草むらがあるというのに

君たちの主食はあちらじゃないのか?
わざわざ用意したのに~放置して草ぼーぼーなのに~

・・・

オンブバッタのくせに、キャベツの方がいいのだろうか。
いや、単にそこにあったから食う、それだけなのだろう(と思いたい)

kyabe8.jpg

(「あっちの草の方が美味いよ?」 交渉するの図)

教訓:ぶたに真珠、ねこに小判、オンブバッタにキャベツ(←誤用)

こうしてキャベツへの道は続くのであった。






キャベツのためにつくりました。ソテーオニオンを使ったごま玉ねぎ味。『★5個セット★キャベツ...




スポンサーサイト
2008.12.12 Fri l らくがき l top
kyabe5.jpg

びしっと一匹ずつ、グリーンフィンガーではじくという
まさにアナログ農法もここに極まれりなのです。
ちなみに流通畑ではありません。
やりたい放題の自分畑です。

こうした地味な地道なお手入れで、
なんとかキャベツ結球にまで持ち込むことができるのでした。

kyabe6.jpg

まわりの葉っぱが虫食いだらけの穴だらけでも、
ともかく真ん中が結球しはじめたならば勝ったも同然♪
この時期になると寒くなってくるのもあって、
いもむしも激減するし、キャベツも根付けばぐんぐん成長します。

つづく(まだあるんかい)



2008.12.11 Thu l らくがき l top
おっと、その前に、目ヂカラUP!
じゃなくて視力UP!



グリーン・アイ発動!
肉眼じゃ~
うりゃああああああああ
気合いじゃ~~~~~

目標確認!
モンシロ、モンシロ、モンシロ、アゲハ、なんかようわからんけどイモムシ・・・
それから卵もチェックやで。

kyabe4.jpg

つづく




2008.12.10 Wed l らくがき l top


これはキャベツの苗です。

最初はアブラナ科の苗はこんな感じで、
キャベツもブロッコリーも似たような感じです。

これが結球して中に赤ん坊でも入ってる風情にまで育てあげるには、
壮大な物語があるのです。数ある野菜の中でも比較的難しいとされるキャベツ。
アブラナ科の野菜を育てぬくことはアグリカルチャーの一つの関門。
などなど、言われるのはなぜか。
様々な理由が考えられます。

ではまず、結球前の状態を育てる時期の、
壮絶な闘いを見てみましょう。





kyabe2.jpg

グリーン・フィンガー発動!!
キラーん





つづく

(いきなりつづくかいっ)





2008.12.09 Tue l らくがき l top


草刈りルックね。
こんなんだったら楽しいぞ。(そうか?)
個人的な好みを無理矢理集約したところこうなりました。

念のため書いておきますが、この格好真似しないでね。(誰がするんだと)
一見、完全武装のようでいて、その実
ものっそ無防備なのです!小石とか刃のかけらとか、腹に飛んできますYO
って見ればわかるがな~
失礼しました。。(逃)
2008.12.08 Mon l らくがき l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。